【西荻散歩】お茶の木があるところで育ったんですよ

西荻散歩がいよいよ今週末開催です。

NONAとしては(TEMARICIOUSとしては参加したことがありませんでした!)初めての参加。

コロナ禍でなければ、本来ならば、お茶を振る舞いながら、西荻窪のお店を散歩する方々を迎えるイベント。

「お茶」が出せないのだったら「お茶」で染めてみようと思いついたのでした。

緑茶や紅茶、コーヒーは身近にあって染めやすいものですが、NONAとしては、食べ物は、きちんと飲んだり食べたりした後のものを使って染めたいので、特に販売をするので、量を確保する必要があり、採用していませんでした。今回は西荻散歩で特別なイベントなので、スタッフに声掛けをして、賞味期限切れの緑茶を探しました。意外にも集まった緑茶と紅茶で無事に今回のお茶セットは出来上がったのでした。

そうしていたら、スタッフの一人が、「お茶を実家で作って飲んでいたのを思い出したわ〜」と。実家で家族総出でしていたお茶仕事(自宅用のお茶を作っていたんですって)を思い出したようで、そして数日後には、ご実家からお茶の枝葉が送られてきました!家族で、思い出話に盛り上がったのかなぁ。当たり前に自分ちのお茶を自分でつくるってことをしていたなんて、なんと素敵環境なんでしょう〜。

お茶の枝葉は美しい!

私の空想NONAガーデンには、お茶の木を植えて自分のお茶を育てること、決定しました!

この生のお茶の木からも糸を染めて、ありがたくキットを作りました。NONAとしては、西荻散歩のおかげで、すごく貴重な嬉しい経験となりました。

Yりん、ありがとう!!

緑茶

緑茶は緑に染まらないのです。それが不思議で楽しい。

綺麗な色と香りはそのままに、ほんのり赤みのあるベージュが緑茶の色のようです。その赤みのあるベージュに鉄をかけたら、なんともいえない紫がかったグレーの色味になりました。

染めていてもすごく良い香りで幸せな気分になる草木染めです。

染師、中澤がお茶の気分も味わいたいよねと、緑茶の本来の色に、さらに藍をかけて、「緑茶色」を淹れてくれました。素敵なおもてなし。

紅茶

紅茶は、以前から大好きな色で、まさに紅茶を淹れた時の色、茶色でした。植物がもつ数十種類の茶色をみてきましたが、この紅茶の茶色は意外にもあまり見ない色です。暖かくほっとするお茶色。

コーヒー

コーヒーは、ご近所の DELICAFE KIKUさんがコーヒーを淹れた後、毎日運んでくれました〜。ありがたや〜。コーヒーもとても良い染め素材で、出来上がる色は、いつも人気です。コーヒー好きは多いのでプレゼントにも最適ですね。

 

今回のお茶のセットは、 A POT OF THREAD(NONA糸細糸)と名付けて、西荻窪産の素敵な糸セットになりました。西荻窪店舗、オンラインショップでも販売開始です。

お楽しみ下さい。

 

第14回 西荻散歩
開催日時:2021年6月5日(土)6日(日)11:00-18:00
昨年11月に延期日程で行なった「西荻散歩」は、コロナウイルス感染拡大防止の観点から「西荻茶散歩」のコンセプトであるお茶の無料提供を行わず「散歩」に焦点をあて開催いたしました。第14回も「茶」の文字を取り「西荻散歩」として開催いたします。49の「サンポー店」では展示や特別商品の販売など、飲食店を中心とする15の「サンポー飲食店」ではサービスメニューなど嬉しい特典をご用意しました。サンポーマップを片手に街中に点在する64の「やかんマーク」を探してみませんか?
*米子茶散歩も同日開催!

 

 

 

 

 

English
English